ペチャンコ髪を盛りヘアにしたい

クセ毛でボリュームのない髪なので、後頭部をふんわりとさせた盛りヘアに憧れています。
髪全体にレイヤーを入れているので、専用コームで持ち上げても、すぐに落ちてしまいます。
だから、後頭部に着用させるウィッグを購入しました。
地毛では限界がありますが、これなら簡単に盛りヘアを作れます。
ペチャンコ髪だと顔が大きく見えてしまいますが、ウィッグを着けて適度なボリューム感をだすと、小顔に見える気がします。
服装にも気を配るようになり、楽しさが倍増しています。
盛りヘアをすると、実年齢よりも少し若く見えるようなので、今までとは違う雰囲気のファッションにチャレンジしています。
最近は、花柄のマキシ丈スカートがお気に入りです。
体にフィットするようなデザインです。
髪にボリュームがあると、体のラインを強調するような服のほうが、バランスが良いと思います。
結婚してから、タイトラインの服は着ていなかったので、久しぶりにお洒落を楽しんでいます。
おかげでダイエットまで頑張るようになりました。
ヘアスタイルを変えるだけで、こんなにもいろいろと楽しみが増えることを実感しています。
しばらく盛りヘアがマイブームになりそうなので、ハーフウィッグを買い足そうかと考え中です。
ウィッグがあれば、ペチャンコ髪で悩むことはもうないと思います。

髪型を変えた友人の話

私の長年の友人は、昔から剛毛なうえに天然パーマでうねる癖に悩んでいました。なので髪をのばすと縦横無尽に広がってしまい、収拾がつかなくなると言っていつも短くしている、そんな印象しかありませんでした。

ですがそんな友人も、今ではさらっとした直毛でセミロングぐらいにのばしてニコニコと微笑んでいます。
社会人になり金銭的余裕もできたので、縮毛矯正を施したのです。その髪型は以前の癖毛で短くするしかしょうがなかったあの頃のものとは雲泥の差、といっていいほどまるで違います。

癖の悩みを抱えていた時は、もうこの髪型は一生治らないんだと言って諦めがちに「もうこれからウィッグつけて外を歩きたい」などと言ったり、ものすごく悲観的でした。今ではすっかりきれいになったその髪を可愛くまとめたりして、本当に嬉しそうです。

今はロングヘアに挑戦しているようで、定期的に美容院へ通いながら美容師の方に髪型の相談をしたり、髪のケアについて色々と教えていただいてるそうで私にも時々情報を提供してくれたりします。

髪は女の命、なんて言いますがそうかもしれません。髪型を変えるだけで人生を楽しく生きれるようになった友人を見ていたら、あながちその言葉も大げさではないように思います。

髪型は印象を大きく左右します

ロングヘアーは色々と髪で遊ぶことが出来て、本当に楽しいです。私は今肩から5センチ下程度の長さなので、セミロング~ロングの中間ぐらいの長さですが毎日のようにアレンジしたりと楽しんでいます。
最近は髪を上手にまとめることが出来るよう、ピンやコームや色々な物が充実。私もいくつか役立つアイテムを購入して活用しています。
髪型ひとつで印象はすごく変わるので、自分に似合ったヘアスタイルをみつけるのは結構重要です。
私も以前は、お手入れが面倒だとか気分転換したい、という理由でかなり短い髪型にしていた時期もありました。でも、そういう時に限ってロングにしたいとか髪をのばしたいとか思ってしまうんですよね。
なのでウィッグつけてみようかな、と検討したこともあります。かつら、というとなんだかオシャレなイメージはありませんが、ウィッグと言うとちょっとイメージ変わります。
前髪だけや、ボリュームを出すためのウィッグやバリエーション豊かなラインアップで、髪が短くてもちょっとした変化を楽しめそうです。
今は若い人だけでなく、ある程度の年の方もみんなおしゃれにしていますよね。どうしても歳を取ると、髪のボリュームがなくなりがちですがウィッグでボリュームつけてみると驚くぐらい若返ったりしますし、髪型って本当に大切です。